What's new


Fireworks
Coffee

三原国際外語学院は学校法人山中学園が設立し、1989年から30年間、外国人留学生に日本語教育を実施しています。卒業生のほとんどは大学・短大・専門学校に進学します。本学科は,日本語を『聞く・話す・読む・書く』面から総合的に学ぶと同時に,企業見学などの課外授業や,交流会,地域行事などへの積極的な参加をとおして,日本の文化習慣をはじめ,広く日本を理解することを目標にしています。日本において,大学や専門学校などへ進学するために必要な日本語を,能力に応じた少人数のクラス編成で直接教授法により学びます。また,日本語能力試験においては,特別カリキュラムにより対策指導を行い,高い合格率をあげています。日本語能力を段階的に養成するため,1年間が3期制となっており,基礎コース初級では日本語能力3級レベルの実力を,また,進学1年コース中級及び1.5年コースでは1級~2級の実力の養成を目指します。